iMacを15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルに買い換える

 
どうしたものかどうしたものかと悩んでいた問題があります。
こんな話もいいかなと思いこうして書きだしてみると、ここに書かれるもののほとんどが悩みなわけで。さらにそれを通して読んでみると、おまえ悩みすぎだろうと言われてもおかしくないぐらいに悩んでいます。
 
まあ、なにかというと自室にあるiMacが調子悪いんです。いきなりスリープしたり、ハードディスクがなんか変な音立ててるし、いや、こりゃまずいぞというオーラが出ています。
 
私のiMacはだいたい2年前に買いました。2010Midなわけですが、一回もサポートのお世話になったことのない優秀な子でした。優秀な子ではあるのですが、買った時にもうちょっと考慮しておけばよかったなあと思うこともあります。QuadCore全盛の時代にDualCoreだったことや、なんか内部からパキポキッ!と音がすることはさておき、それを”置く”環境がね。奥行きが60センチ程度の机なのです。そこにドカンとiMacを置くと、まあ、ディスプレイとの距離が近いこと近いこと。これは実際に我が城にiMacを迎え入れてから強烈に思ったことで、始めの頃は「ひぃぃっ」と言いながらiMacで遊んでいたわけです。思い返してみると懐かしい。大震災の時もその1週間前に耐震マット(ゲルみたいなグニグニしたやつ)を偶然設置していてて、iMacが倒れることなくものすごくうにうに動いていたことなんかも思い返され、こういうことを考えているとモノに対する愛着というものはあるのだなあとしみじみするわけです。
 
しかしそんなiMacも最近調子が悪くなる。ネットに無数にあるメンテナンス方法を試してみてもどうにもいかない。クリーンインストールをしてみればそりゃ”元に戻る”のですが、いずれ発生するであろうこの調子の悪さ(現に過去2回のクリーンインストールともに再現している)を小手先で対処していって、果たして自分の作業というものは快適さを取り戻すのだろうかと。うーん、考えれば考えるほど、今が買い換え時だッ!って声が大きくなるぞ。
 
こういうときって、意外とぽちっと買ってしまうことがあるのですが、今回も本当にぽちっと買ってしまったわけです。買ったものはMacBook Pro Retinaディスプレイモデル、15インチです。構成は
 
・2.7GHz Quad-core Intel Core i7
・16GB 1600MHz DDR3L SDRAM
・512GB Flash Storage
 
なんがかんだで盛りました。予算許すまで盛りに盛りました。メイン機だからそりゃ盛りますわな。
こうして唐突に私のメイン機が代替わりをしたわけですが、店頭デモ機でメモ帳開いて文字打ってぐへへっと独りつぶやいていた私です。届いたときにも、ぐへぐへ言いながら、キーボード叩きまくりたいものです。あとどうせ、近い将来Retina Thunderboltディスプレイとか出すんでしょ? ねえ、出すんでしょ、Appleさん。