ユーザーフレンドリーな文章

 

記事レイアウトというものにとても神経を使うとは思っているのですが、いかんせんこのブログ「はてなブログ」であります。投稿画面にえいやと文字を打ち込んで、そおいと投稿ボタンを押せばあら不思議、”適当に書いた(まさにこの)”文章でもなんて見た目の良い体裁に仕上がるのでしょうか。
それはこのはてなブログの良さでもあり、ベータ版が始まって1年、有料コースも設けておきながらまだベータ版なのかというツッコミは置いといて、製作陣がこの見た目の良さに重点を置いていることはサービス利用者としてもいよいよ理解してきたところであります。実際公式サイトにも「はてなブログを選ぶ理由」としてそのトップに「しっかり書く人のブログです。」とし、「記事を書く」の「書く」に力点を置いたサービス紹介をしています。ここを強調しているところに後発の攻め方というものを感じます。ああ、(なんというかタブレットから更新がうまくできなかったりカテゴリーの削除出来なかったりフォントサイズの変更がざっくりしてたりはてなだいダイアリーユーザーから見放されていたり色々ツッコミたいところはあるけれど)素晴らしいものです。
 
ただ、はてなブログだからと無尽蔵に喜んでいるわけにもいかず。というのも、こうも文字だらけの記事を書いている(小見出しなどをつけずに)と、RSSリーダーで読んでいる人には文章の塊をぶん投げているようにも思えてくるのです。自身でも自身が書いた記事をRSSリーダーで読んで、その内容をチェックしますが、これがまあ文章の塊でしかない。特に思うのは、以前フォントの話をしたように、こちらが意図したフォントで表示されないという問題。RSSリーダーアプリ固有の設定に依存するため、記事のみを抽出した表示形式だと、まあ、”ごちゃっと感”が生まれること。スクロールしてみるといつまでもずらずらと文字が大行列していて、創業感謝祭のユニクロよろしく「繁盛しているなぁ」などと我がことながら思うわけです。
 
これは本当にユーザーフレンドリーな記事を書けるかどうか、という話になってくるわけです。読みては必ずしもこちらが意図した形で、記事を読んでいないということ。それを踏まえた上で記事の組み上げて行く。ということを端からやればいいのですが、いかんせん自身の性分として量を書ける自身がないと次に行こうとしないというものがありまして、このブログという形式をとる雑然とした文章の塊でさえ、その性分が多いに発揮されているのです。段階を踏むといえば聞こえはいいですが、もうちょっと、もうちょっと「ダダダーッ!」「ドドドーッ!」と勢いよく文章を書く、またそれが自然と行えるなあという感覚を掴むまで、この記事の書き方は続くと思われます。それだけだといつまでも続きかねないので、数字での区切りというのは設けているのですが、その区切りが見えてきてしまっているからさてどうしたものかと頭を捻らせるわけです。さて、読みやすい記事ってどう作って行けばいいのだろう。
 
 
広告を非表示にする