言いたいことが何なのかも大して決まっていないとこういう文章が出来上がってしまいますよ

 

カタカタカタカタカタカタカタ。

ッターン!(エンターキーを押す音)

 

「フッ、決まったぜ」とか思うわけですけど、一定量の文章を書くようになって(毎日書かなければならないというルールはないですけど)思うているのは、いわゆるTipsが書けなくなったなあということ。そもそもTipsを紹介することを、この場では主とはしていなかったのでそれはそれでいいのですが。それでもなんだか寂しい。

Tipsが書けないというのは、記事を書くということを目的にしたときに自分が一日で使える時間が限られている(たとえ仕事が炎上していても)なかで、記事内の構成に頭を使う時間というものがさらにも増して減っているというのが理由なのでしょう。これはもう解決方法はわかっていて、執筆に至るまでの思考や行動を高速化出来ればいいのです。……言うは易く行うは難しですが。行うは難しとすると、構成というものをある程度すっ飛ばしても書くことが出来てしまう雑感が多くなるわけです。魔法の言葉、雑感。魅惑のカテゴリー、雑感。

それはそれでいいのですけどね。それはそれでいいのですと半ば自己弁護のように繰り返しますが、悪いことじゃあないのです。自分の考えること思うことは歴としたコンテンツであるとしているので、思うように書き散らして構わないわけですよ、もう。読みにくかろうが、独りよがりだろうが、書くという行為に貴賎はない。これは以前書いたエントリに共通しているポリシーであると考えます。でも、それでもなんだか寂しい。

構成というものが論理的にスッキリしている、「こりゃわかりやすい」と思えるような記事も書いてみたいものじゃないですか。それがしかもそこそこの文量があって、「読み応えのある記事」であるならばなおのこと。

ただ、時間がない。時間がないというのは、それを可能にする作成速度を出せないということ。書くことを考える時間、それを書く時間を確保することに四苦八苦。しかもその確保した時間というのは、いまの自分の力量にあった時間でないとそれは完成しないというのです。間に合わない。さて、どうするか。どうしようもないじゃねーか、と言いたくなるわけですが。まず構成がどこまで決まっているかで文章を書くスピードは桁違いなので、文章が書ける程度には設計図を用意しておいた方が良いのでしょう(ちなみにこのエントリーはそれがありません、ははは)。

Tipsを書くとなると「えーっとあとはなんだっけ、ああそうそう、あれだあれだ」と考えながら書くということが難しいでしょう。見た目に反して「えっ、それでなんなの」というTipsとしてその天寿を全うすることが出来ていないようなものが出来上がるのです(その点、雑感はいいものです。魔法の言葉、雑感。魅惑のカテゴリー、雑感)。

 

何が言いたいかと言いますと、言いたいことが何なのかも大して決まっていないとこういう文章が出来上がってしまいますよという実験的な記事なのであります。はい、後付けですねこれ。本当、どうしようこの問題。