読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報発信とか今はどうでもいいよと念じる

 

自分のブログとそれを取り巻く”ブログ論”について悩んでいる人を、最近ちらほらと見かけるようになって、はて?と思うのです。はて、悩むことはあるのかしら?と。もしかして”かくあるべし”に悩んでいるのではないかと。

ブログというものは”かくあるべし”というもので収まる話なら、それに沿わないやり方もあるのではないかということを最近考えつつあります。ブログはブログだけど、蓋を開けて見たらなんか違うとか、そもそも”かくあるべし”から外れてみるとか、いやいや、なんか続けていたらぜんぜん違うところに向かおうと決めていたしとか。少なからず”かくあるべし”に従って進んだ先にあるものは、決して”かくあるべし”と言われた内容そのものでは無くなっているはずです。自分なりに変容しているのです。

 

(呼吸)

 

その変容までの時間というものは、恐らく人が考えるよりも長いのでしょう。傍から見ても自分で見ても”短い”と感じるのであれば、それはその人のバックボーンにそうさせる何かがあったのでしょう。ただそれがなくとも、継続がある程度のところまでなんとかしてくれます。継続によって蓄積されていく経験というものは、そんなものなのです。

肩肘を張らないこと。遍く全ての人をプロの道に、ベルトコンベアーで運び込もうとするような論調には、一呼吸置いて考えること。”かくあるべし”には、じっと見つめて「なぜ?」と問うこと。

そもそもいままさに自身が書いているものを”ブログ”だと思わないこと、”情報発信”なんてしていないと思うことというのはどうでしょうか。こんなことを言うのは、ただの大口なのでしょうか。肩の荷がおりませんか。

例えば私にとって重要なのはブログで情報発信をすることではなくて、とにかく毎日一定量の文章を書き続けることであり、それが簡単に人目に触れることなのです。限りなく独善的な行為を毎日繰り返しています。いいんです、今の私には必要なステップなんです(いずれは私も”情報発信”がしたいと思うから)。

書くか書かないか、書けたとしたらどんなものがどれくらい書けたのか、自分はどんな文章を書いたのか。毎回毎回”情報発信”をしている気は一つもなくて、ここに書かれているものはきっかけでしかないのだと。便利なことはなにひとつ書かれていなくて、ともすれば独り言でしかないわけです。ここまで書いてきた内容を考えても、このエントリーでさえも。

 

(呼吸)

 

そこに書かれる、振り向かれもしない独善的な文章になんの罪がありましょうか。それは”かくあるべし”が決めた罪でしかないのです。では、かくあるべしを決めたのは誰か。特定の誰かではない、無数の誰かたちが築き上げた”ブログ論”の集合体なのでしょう。べき論を展開したくはありませんがひとつ言えることはもっと独善的に文章を書いていい、さらに過激にいえば”かくあるべし”が唱える”読者”の存在を”今は”考えなくていいということです。”今は”というのは、後に考えることの重要性に否が応でも気がつくからです。順序があるのです。”自分の書きたいものを書き散らせ”、と。書きたいものが無いならば、書ける気がするまで情報受信すればいい。受信に先立つ発信など、そこに味はあるのだろうか。

ここまで書いてきました。私はこれを”情報発信するもの”だとは考えていません。しかし、この文章の塊を”情報発信されているもの”と捉えるかどうかはすべて読み手に委ねられます。ただ、この真理に気がつくわけです。「書き手と読み手と場がある限り、情報の発信受信が生じてしまう」。なんという自己矛盾でしょうか。この投稿ボタンを押すことで、私はその矛盾を露呈するのです。そして念じる、「情報発信とか今はどうでもいいよ、そう、どうでもいいんだ」と。

広告を非表示にする