読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの娘もすなる日記といふものを、私もしてみむとてするなり #myblogstart

f:id:yukimid:20120702212312g:plain 

 

[企画]なんでブログ書こうと思ったのさ!『あなたのブログ始めたキッカケ教えてください』 #myblogstart « 4コマでわかる!ITのこと
#myblogstart ...

 

私にとって”文章を書く”ということがどういう意味を持つのかということから始まります。

まず私にとってブログは紛れもなく”文章”です。

”ブログを書く”ではなく、”文章を書く”という意識のもとに書いています。

なんとなーく、世の中「ブログを書く=文章を書く」ということになっていない気がしているのですが、この文字の塊は紛れもなく文章です。

今でこそシステムエンジニアという職業ですが、大学は文系のなかのド文系、ド文系界の重鎮たる日本文学科に所属していました。

それ自体を深く突っ込んでいく気はさらさらありませんが、とかく”文章を書く”ということは私にとって至上のアウトプットなのです。

 

 

さて、ブログを書き始めた理由には、このアウトプットを行うということがあります。

アウトプットを行うという理由自体は、ありきたりです。

ただアウトプットを行うという意味を私は私の性質において重要視するのです。

アウトプットしないと、たぶんダメになっちゃう。

 

 

ただ、アウトプットを行う前に危惧される問題がありました。

それは”インプット不順”。

日々の生活でインプットがうまく行われていない(むしろインプットを意識しない)という状態が続くと、これに陥ります。

”インプット不順”に陥ると、自分の頭が腐ってしまうような気がするのです。

腐るというのはあまりにあんまりな表現の仕方であると思われますが、

何もしなければインプットが先細りしていく世の中です。

口を半開きにしてテレビジョンに向かうような、垂れ流しインプット生活が待ち受けているのです。

自分のその姿がなにより怖かった。

 

その恐怖に対抗するためにはインプットを能動的に行えばいいわけなのですが、今度はインプットしたものが内部で溶け始めたのです。

 「ここから出してくれええ!」

「ぐえええええ! 溶けるうう!」

 インプットした情報がアウトプットされることなく体内で溶け出し、堆積し、ヘドロ化していく。

”インプット不順”の次には”アウトプット不順”が待ち構えているのです。

 

ライフハックや仕事術、iPhoneMacintosh、小説にゲームに同人活動に可愛い女の子に、二次元に……と興味のあることは日に日に増えていきます。

iPhoneなどで情報をインプットする手段を得てしまったがために、その速度は加速度的に飛躍し、捌ききれずに溜まっていく情報をしり目にどんどん情報を手に入れていきます。

そして気付いたら、捌き切れないほどに溜まった情報の山。

山の下には香ばしく醗酵した情報の数々。

使いようがありません。

使いようのない情報は、知らないということと同じです。

 「ああ、こりゃだめだ」

 そう思って始めた文章を書くというアウトプットがこのブログであり、

そのときが2012年1月1日、なのです。

 

 

文章を書くということは、知的で、戦略を必要とする行為であり、またスポーツでもあります。

あずにゃんペロペロ」と書き記すことさえ、スポーツなのです。

 それは置いといて。

インプットとアウトプットのバランスを保つ役割をするのがブログであり、そのアウトプットされた情報を別の誰かのインプットへと媒介しやすい媒体であるということです。

発することが簡便で、とても扱いやすいです。

 

まとめますと、「私がBlogを始めた理由」は、「生活においてインプットとアウトプットのバランスを保つことができるから」「アウトプットが誰かのインプットに繋がるかもしれないから」そして「あたし、アウトプットしないとダメな体になっちゃった///」ということです。

 

 

てへぺろ(・ω<)