そもそもタスクって何よ

f:id:yukimid:20120510233046j:plain

photo credit: Graham Ballantyne via photo pin cc

 

小さい子に「タスクってなーに?」と聞かれた時に、「タスクはタスクだよ」と言った回答は避けたいところ。

しかしよくよく考えてみたらこの”タスク”というものについて、はっきりとした定義を自分のなかでもっていなかったりするのです。

そんななかで私が常日頃している「タスク管理」とは、いったい”何を”管理しているのかという話になってくるのかということです。 

 

 

タスク管理とは(1)|シゴトが楽しくなる!エンジニアのための時間活用術!|てくらぼ|パソナテック(PASONA TECH)
今回は、「タスク管理」について掘り下げてみます。 そもそも「タスク管理」とは何でしょうか? 言うまでもなく「タスク」を「管理する」ことです。今回は「タスク管理」の「タスク」について詳しく見ていきます ...

 

  

シゴタノ! 今日からはじめる手帳術 第10回 「タスク」を管理する理由
タスクとは、実行のタイミングには裁量があるものの、締切が決まっている緩やかな時間の予約です。 特定時間に縛られないため、締切がまだ先である段階のタスクに関しては、先送りという選択を行う事ができます。 ...

 

 

「予定」と「タスク」 – ライフハック心理学
予定をタスクとしても、タスクを予定としても、どちらか一方にしてしまえば、それはほとんど同じことになります。ですが、ちがうところはあります。 ...

 

ささっと調べてみると、これらの記事がわかりやすいでしょうか。

 

”アクション”とは”具体的な行動”です。

これは、これ以上分解のしようがありません。

具体的な行動は、限界まで具体的にしようとするとどこまでも出来ますから考えなくても出来るという程度までにしておきましょう(ランニングをするために「右足を一歩だす」などというアクションを考えるひとはそういないでしょう)。

 

では混同しがちな”タスク”と”プロジェクト”、そのどちらを上位の枠組みとして持ってくるか。

どちらもアクションの集合であることは間違いないのですが、私の考えはこうです。

 

タスクとは、”具体的な行動”の単体あるいは集合。

プロジェクトとは、タスク及びアクションの積み重ねによって達成される”結果”。

 

タスクについて考えあぐねているひとは、 この簡単な定義をまず持ってみるとより複雑な分析が出来るようになるやもしれません。

アクションという単位まで切り分けるとしたら、どちらも実行することは出来ません。

実行したアクションがもたらした結果なのです。

 

ひとつひとつに切り分けられたアクションの集合でしかありません。

達成される”結果”であっても、アクションを遂行していかない限りには一歩も進みません。

何にせよ適切なアクションを集めて実行しないことには、事が前に進まない。

 

さて。

ここまできて次に何が来るのかというところは、またの機会にしようかと思います。

 

 

 

それでは、どこかの誰かさん。あなたに彩のあるカラフルな日々を。

 
広告を非表示にする