読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TaskChuteに存在する時空の穴

 

f:id:yukimid:20120507222540j:plain

 

TaskChute2を使っています。

便利です。

とても便利です。

おばあちゃんに電話したくなるぐらい便利です。 

 

 

しかし、ふと思ったことがあるのです。

妙な空間が見えませんか? 

 

 

f:id:yukimid:20120507222540j:plain

 

 

ここです。

私には、大きな穴が見えるのです。

今にも吸い込まれてしまいそうです。

 

 

f:id:yukimid:20120507222951j:plain

 

 

ここ。

この「開始」と「終了」の間ってどうすればいいんだろうと。

つまり「作業中」という状態です。

私が今まさに「作業中」であるという状態の時。

つまり開始のセルに時刻をバチンと入力したその瞬間から、「作業中」となるわけですが。

 

この「作業中」ってTaskChuteの手を離れる瞬間、いやTaskChuteが”目を離す”瞬間でもあるのです。

 

あのTaskChuteがこともあろうに、目を離すのです。

不注意極まりない!

 

 

とまあ、冗談は置いておいて。

この「作業中」の状態の時、「いつ始めた」「いつ終わった」、そして「どれだけかかった」という情報がTaskChuteから得られるわけです。

しかし、「いまどれくらいか」という”作業時間が増加している”という状態が掴みづらい。

時間の経過がどうしても、TaskChuteでは掴めないのです。

 

それを解消するためにタイマーを使うようにしました。

始めた頃はiPhoneを使っていましたが、最近はもっぱらこのタイマー。

 

以前、このエントリーで登場したタイマーです。

 

キッチンタイマーを使って時間を計る、ただそれだけ

http://colorfullife.hatenablog.com/entry/2012/05/05/100921

 

TaskChuteに入力した見積もり時間と同じ時間だけカウントダウンするようにセットします。

 

 

 

なんでもそうなのですが、”夢中”や”苦労”しているとき、ひとは時間の感覚をなくします。

ことTaskChuteの場合、パソコン上で開きっぱなしにしていれば常に意識は出来るかと思います。

しかし、パソコン上で作業をしないときがくせ者なのです。

 

私はこの作業があまりに多い。

パソコンから目を離し、机上で別の作業をするのです。

そうすると……

 

 

 

作業が終わった!>\(●´ω`●)/

 

 

(●´ω`●)?

 

 

見積もり時間すげえ超えてる!>(´・ω・`)

 

 

 

なんてことがあるわけです。

それが何回も。

非情です。

見て見ぬ振りをしていたのね!

とTaskChuteに叫びたくなります。

 

そこで前述のタイマーを使って、TaskChuteから時間の経過を切り出して来るわけです。

単純ですね。

しかし矯正でもあります。

見積もり時間は経験と共に誤差がなくなると言われますが、

TaskChuteを使いはじめの人にはこれは限りなく難しいです。

 

しかし難しいからといっていつまでもいつまでも見積り時間と実際の作業時間の乖離が大きいまま、それが一向に改善の兆しを見せないままというのはTaskChuteのパワーを大きく下げてしまいます。

それに自分のモチベーションも下がってしまいます。

 

 

使い始めのひとには特にオススメしたい今回ご紹介の方法。

感覚のずれを無くす。

作業中が空白の時間になってしまわないように。

TaskChuteが静かに時を刻んでいる間、時間の感覚をなくさないように。

 

 

 

それでは、どこかの誰かさん。あなたに彩のあるカラフルな日々を。

広告を非表示にする