読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GALAXY Note SC-05D にはThinkPadのデジタイザー・ペンが良い

発売日に買ったGalaxyNoteも絶好調です。

iPhoneとの使い分けもハッキリとしてきて、GalaxyNoteに出来ることをハードにこなしてもらっています。

 

f:id:yukimid:20120418215649j:plain

 

 

しかしですよ。

ちょっと、「むむむっ」と思わざるを得ない点もあります。

 

 

皆さん気になるバッテリー……確かに持ちはちょっと悪いかなと思います。

LTEオンの状態、画面光度最低で、朝6時に出発。

朝2時間、昼1時間、夜2時間いじり、それ以外はスリープにしていると、

家につく頃には残量が10%付近になります。

だいたい5〜6時間使い続けることが出来るのかなあという感じ。

使わないときは機内モードなどにする、とルールを決めれば通常利用には支障はないかと。

モバイルブースターを持ち歩いているので、この点心配はしていませんが。

 

 

しかしそれよりもなによりも、問題なのが。

 

f:id:yukimid:20120418215702j:plain

 

こいつです。付属の”Sペン”。

 

本体に内蔵できるようにしてあるためか、細くて持ちづらいのです。

私は立って操作するというよりも、机に置いてペンを使って書くということが多くなりました。

そうすると、このSペンの持ち心地が致命的なのです。

爪楊枝を持っているような。

”ボールペンの替え芯だけを使って文字を書いている”ようなものです。

 

これはいけない。

書くということは、何で書くかに大きく影響される行為です。

そう思った私の手元にはこれがあります。

 

f:id:yukimid:20120418215713j:plain

 

レノボ・ジャパン ThinkPad X60 Tabletデジタイザー・ペン 41U3143 Lenovo

http://www.amazon.co.jp/dp/B000LMQV82/ref=cm_sw_r_tw_dp_b7RJpb1FT9698

 

 

ThinkPadX60 のデジタイザーペンです。

実はこれ。

Sペンと同じ技術で作られたものなので、ThinkPadX60のオプションでありながら、GalaxyNoteでも使えてしまうのです。

※Samsun純正品として、Sペンを差し込んで使えるペンホルダーというものもあります。

こちらはdocomoから販売はされていません。

ラバーグリップなどがついた高級仕様のようで、機会があれば試してみたいです。

 

f:id:yukimid:20120418215736j:plain

 

で、大きさを比較するとこれだけの差があります。

デジタイザーペンはボールペンと同じぐらいのサイズです。

 

f:id:yukimid:20120418215749j:plain

 

側面にはSペンと同じくボタンが付いていますので、このボタンを使った操作も可能です。

 

f:id:yukimid:20120418220144j:plain

 

ラバーグリップが付いているわけではないので、ボールペンと同じ持ち心地かと言われたら違います。

しかし、限りなくボールペンと同じ持ち心地で記入することが出来るので、持ちにくさによるストレスはありません。

そしてこのデジタイザペンにはSペンにはない機能があります。

 

f:id:yukimid:20120418220158j:plain

 

ペンの頭に付いているボタンで、そのまま消しゴムモードに移行出来るのです。

消しゴムの範囲は設定値に依存していて、大きさを変えるには設定値を変えなければなりません。

しかし、一度設定をしなおしてしまえばアプリを落とさない限り設定は引き継がれます。

すぐに文字を消すことが出来るので便利です。

 

 

 

GalaxyNoteはこの”書く”という行為を行うことの出来るスマートフォンです。

記入時の追随性などまだ完璧ではない面はあります。

しかしこのニッチなGalaxyNoteを持ったからには、この機能を使わない手はありません。

付属のSペンでは「書くもクソもあるかー!」と思った方、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

それでは、どこかの誰かさん。あなたに彩のあるカラフルな日々を。