読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【イベントレポ】プロカメラマンと桜フォトウォーク&Eye-Fiで写真を楽しんできました

本日、「プロカメラマンと桜フォトウォーク&Eye-Fiで写真を楽しむ」に参加してきました。

ライフハック女子部主催で、プロカメラマンの菅原ヒロシさんと、シゴタノの赤い人こと北真也(@beck1240)さんと共に、恵比寿ガーデンプレイス周辺をフォトウォーク。

 

前日は猛嵐だったため心配しましたが、天気は快晴。

絶好のフォトウォーク日和となりました。

 

フォトウォーク。

 

こんな人達が

f:id:yukimid:20120401133145j:plain

 

こんなふうに

f:id:yukimid:20120401141633j:plain

 

ちょっとまて。

なんだこの集団は。

みんなバズーカを構えてるぞ。

  

f:id:yukimid:20120401212707j:plain

※大いなる大地と一心同体になりカメラをかまえるカメラ小僧ベック氏。

 

 

菅原さんから撮り方のコツを教わりつつ、恵比寿ガーデンプレイス周辺を歩きまわりました。

ピント合わせを練習したり

f:id:yukimid:20120401132636j:plain

 

接写したり

f:id:yukimid:20120401132646j:plain

 

ぼかしてみたり

f:id:yukimid:20120401140252j:plain

 

曇り空で撮ってみたり

f:id:yukimid:20120401140338j:plain

 

皆さんがズームを使う中、渾身の背伸びをして撮ってみたり

f:id:yukimid:20120401141709j:plain

 

 

うーん……

 

 

教わって、それを試そうとなると難しい。

今まではただシャッターボタンを押せば良かっただけなのですから。 

でも自分が初めて使うカメラをGR DIGITAL Ⅳにしたのは正解だったと思ったのです。

今までは「制約があるけど、なんかすげえコンデジ」という認識ぐらいのものでした。

でもその意味を知った今日、このGR4がカメラ界でどんな役回りなのかわかりました。

面白いよ、GR!

 

で、ホワイトバランス、露出補正については今までオートにしていました。

オートでも綺麗に撮ってくれるのです。

でも、自身が切り取りたいと感じたものをいかに切り取るかと考えた時に、ちょいと頭を使って考えなければいけない。

さらに単焦点レンズとなると、自分が動かなければならない。

桜を撮るためなら背伸びだってしないといけない。

さらにそれが単焦点レンズの限界であるなら、諦めなければならない。

その制約と割り切りのなかで、撮るべくして撮ると良い写真が撮れる。

この応答はとても心地が良く、撮ることへの学習にも繋がる。

そうしていくうちに、いよいよデジタル一眼を手にしたらどうなるのでしょうか。

レンズ沼はすぐそこですね。

 

 

フォトウォークの後、場所をカフェに移して菅原さんの写真講座。

また、先日「Eye-Fi (アイファイ) 公式ガイド 写真がもっと楽しくなる基本&活用ワザ 70」 を出版された北さんの講座もあり。

 

Eye-Fiを使っての写真環境の構築は、私も取り組んでいる最中です。

 フォトウォーク中はEye-Fiを使ってガンガンiPhoneに転送していました。

こいつは便利です。

ちょっと癖があったりして、やきもきする点もありますが。 

でも「撮った写真はおうちに帰らないとどうにも出来ません」をひっくり返してくれました。

この体験はとても新鮮です。

あと、Eye-Fiについては現状わかりやすい”説明書”というものがありません。

そうすると初心者はEye-Fiの使用方法について必ず壁にぶつかります。

なので北さんのEye-Fiガイドを説明書として使っていくことをお勧めします。

ホント助かりますので。 

 

 

 

で、嬉々としておうちに帰ってきて写真を整理しようとEye-Fiをブスッと挿しこんだら……

 

f:id:yukimid:20120401213509j:plain

 

おぉぉぉぉーーーーい!( ;∀;)/

 

 

色んなアプリケーションを使ってきましたが、エラーで「がーん…」って言ってきたのは初めてよ。

まあ、そのあとは何ら問題なく使えましたけどね。

ご安心ください。

ということなので、Eye-Fiの運用についてはまた後日。

 

 

 

それでは、どこかの誰かさん。あなたに彩のあるカラフルな日々を。