もし梅棹忠夫がiPhoneとEvernoteを使っていたら ― ウメサオタダオ展に行って案の定震えた

”情報整理”は何のため?

f:id:yukimid:20120210184413j:plain

(自分はiPhone、モレスキン、トラベラーズノート……使っているけれども)

 

 

日本科学未来館で開催されている「ウメサオタダオ展」に行って来ました。

念願ですよ。

日本科学未来館で開催されると聞いて「うおおおおおお!!!」って言いましたもの。

 

梅棹忠夫さんといえば『知的生産の技術』を書いた人といえばわかりますかね。

しかし最近までは自分も『知的生産の技術』しか読んだことがなかったんですね。

そうすると梅棹忠夫さんは「なんか情報整理が凄いおじさん」という認識ぐらいのものだったんですよ。

かつて「iPhoneで情報整理!」という言葉に踊らされてAmazon先生が薦めてきたから読んでみた、というのでした。

私にはそういう過去があります。

でもこの展覧会で梅棹忠夫さんの「情報整理術」が、「iPhoneで出来る!」とか「アプリで簡単に!」という次元で語られる「情報整理術」とは全くもって次元の異なる話であったことを痛感しました。

 

 

”方法と道具”は時と場所で選択される

f:id:yukimid:20120210145125j:plain

 

 

 

―― あるきながら本をよみ、よみながらかんがえ、かんがえながらあるく。 (『梅棹忠夫のことば』)

 

 

 

 

展示は凄まじいものでしたよ。

ノートの山、スケッチの山、情報カードの山……山々山々……。

f:id:yukimid:20120210145229j:plain

f:id:yukimid:20120210145136j:plain

f:id:yukimid:20120210145153j:plain

 

  

これを見て、キミは、震えないかい?

 

私は震えましたね。

蓄積された”情報”は膨大になると凄みが生まれます。

これらを生み出す所以である民俗学の研究。

フィールドワークの過程。執筆した論文の下書き。

著作の山。

写真撮影可だったのでバシバシ撮ってしまいました。

 

これだけの情報を浴びていたら、「ああああああーーーー!!!」と叫びたくなるものではないのでしょうか。

常人が管理できる情報の総量を遥かに超えている。

その事実を表す展示に圧倒されるのです。

 

 

それで展示を観ているなか、ふと考えたのです。

もしですよ。

 

『もし梅棹さんが、iPhoneとEvernoteを使っていたら』

 

京大式カードなどを使っての情報整理術は生まれ得なかったのでしょうか。

考えるまでもなく、その答えは否だと思います。

 ”フィールドワークの巨人”と呼ばれるように、研究者(梅棹さんのことばを借りるなら「冒険者」)の梅棹さんはとにかく現地での調査に精を出しました(研究対象が民俗学ですからね)。

未開の地にも足を踏み入れるのです。

そこでiPhoneが使われるのでしょうか。

いいえ、ノートとナイフで削れる鉛筆が使われるでしょう。

そして、その情報をまとめる際にiPhoneやEvernoteを「おっ、なかなかいいじゃないか」と思われるかもしれません。

それは研究室での話です。

 

 

つまるところ、梅棹さんがこれだけの情報を収集して管理できたのは、

それぞれの行為が行われる時・場所で適切な方法が用いられていたからなのではないでしょうか。

「タイプライターすげえ」って時代なのですから、iPhoneを持ってくるのは比較にならないかもしれません。

しかし私が梅棹さんのように、未開の地に研究をしにいくとなったらiPhoneは荷物以外の何モノでもないと感じるでしょう。

そしてノートや厚紙の情報カードと、濃い鉛筆を持つことでしょう。

その行為に合った道具が選択されるのです。

 

さてここで、現在の自分に立ち返ってみましょうか。

未開の地に冒険に行かない自分です。

  

 

その”情報整理”は必要ですか?

ライフハック系のブログなどで「情報整理術」として紹介される様々な方法、アプリ。 

Evernoteが有力ですかね。

それこそRSSリーダーを使用して、Evernoteを使用して、インプットを最大化する!のような。

どれも試行錯誤の末に生まれた素晴らしい方法です。

しかしそれらを見たあなたが”情報整理”を始めようとしたとき、その方法・道具はあなたの目的に合っているのでしょうか。

 

ウメサオタダオ展で感じたことです。

”情報整理術”というものは、その人が得た情報の総量によって方法も道具も変わるということ。

梅棹忠夫さんが産み出した情報整理術は、本人が一生を賭けた研究によって生み出されたものです。

目的に向かう過程で増えに増えた情報を捌く方法が、この展覧会で展示されていたもの”だった”のです。

目的を果たすために生み出されたものが、人を圧倒させ驚嘆させるような管理システム。

とりあえず”情報整理術”を学べば自分が扱える情報が勝手に増えて「使いこなしてる俺、なんかかっこいい」みたいな話にはならないということなのです。 

 

”情報”をなぜ集めるのですか?

そしてなぜ”整理”しようとするのですか?

自分に問いたくなってしまいます。

ただ「iPhoneやEvernoteを使いこなせてない自分がカッコ悪い」からという理由で”情報”を集めていませんか?

簡単に手に入る方法と道具を使って、爆発的に拡がる情報のフィールドに入り込んで、何を獲ろうというのでしょうか。

問いましょう。

あなたのフィールドはどこにありますか?

そこで何を得ますか?

それらによってあなたの”情報整理術”は生まれ、あなたの手によって活かされていくのです。

 

 

 ――人生をあゆんでいくうえで、すべての経験は進歩の材料である。(『知的生産の技術』)

 

 

 

それでは、どこかの誰かさん。あなたに彩のあるカラフルな日々を。