読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自炊をしましょうか? ―ScanSnap S1500を買いました

自炊をしましょうか?

 ScanSnapを買ってしまった。

いや、前々から買いたかったんですよ。

私が購入したのはScanSnapS1500。

f:id:yukimid:20120205222809j:plain

 実際に目の前にすると、「ああ、買っちまったんだなあ……」と思うのです。

後悔はしていないですよ。

でもあれだけ悩んではやめ悩んではやめをしていたのに、こうも簡単に買ってしまうとは。

ヨドバシの端っこにあるスキャナ売り場で「これくださいな」ですもの。

 

 

で、買ったのはWindows版です。

Mac版もあるようですが、Mac用のドライバがあるのでWindows版をMacで使えます。

じゃあ何が違うかというとボディーカラーと同梱されているAdobe Acrobat Readerのバージョン。

その他に大きな違いはありません。

Windows版にはAcrobat ReaderⅩが、Mac版にはAcrobat Reader9が同梱されています。

バージョンだけ見ればWindows版の方が新しいのですが、さらに、Mac版のAcrobat Reader9はMacOS Lionには対応していないとのこと。

iMacもMacBook AirもばっちりLionであること、なおかつVMwareでWindows7を動かしていること。

それを踏まえてわざわざMac版を買う必要もないのかなと思い、Windows版を購入しました。

 

 

自炊をしましょうそうしましょう

ScanSnapは名刺や書類の整理のためではなく、本棚にあふれる本を自炊するために買いました。

裁断やScanSnapの設定方法など自炊については数多のブログで取り上げられているので、あえてここで取り上げる必要もないでしょう。

しかしこれまでに文庫を10冊を裁断してデータ化しましたが、あまり苦労せずにポンポンと作業できました。

ペーパーカッターも買ったこと、ScanSnapがS1500であること、対象が文庫本であることが利いていますね。 

f:id:yukimid:20120205222936j:plain

しかし、S1500かS1300かどちらにすればいいのか?買おうとして多くのひとが悩むことでしょう。

「自炊したいけど、数冊だしな……」「S1500を買う方がいいのはわかっているけど、値段が2倍近いからな……」と。

私も悩みました。

 

そこで以下の様なチェックリストで判断しました。

 

☐S1500を置く場所はある?

→ある / S1500 or S1300かまだ悩みましょう

→ない / S1300を買いましょう

 

☐名刺・A4書類、自炊どちら?

→名刺・A4書類のみ / S1300 (その数が端からみても大量ならS1500)にしましょう

→自炊のみ / S1500を買いましょう。将来的に需要は増加します

→最初の自炊は5冊以下、月に2~3冊しか自炊しない / 少々の手間はありますがS1300にしましょうか

→わかんない / S1500を買えm9( ゚д゚)

 

私の場合、置く場所はありました。

名刺や書類よりも自炊目的でしたので、S1300かS1500かとなります。

 

まずいま本棚にある書籍を自炊するので、対象は10冊を超えます。

この時点で本棚の本を自炊完了するまでの時間に差が生まれます。

そして月に5冊以上は自炊しておきたいなと考えているので、スキャンの手間を考えなければならなくなります。

S1300の読取速度、一度にセットできる紙の数を考えても後々のストレスになることが大いに考えられます。

うーん、1回2回の自炊じゃないしなあ。

ストレスを感じるのであれば、S1500に買い換えるなんてことも生まれてきます。

ScanSnapとは長いお付き合いになることでしょう。

やりだしたら、あれもこれも自炊したくなってしまうでしょうよ。

だとしたら現時点での最高の投資をしておくべきなのでしょうよ。

 

ああ、良い買い物をした!

  

本のデータ化を考えているのなら断然S1500なのだろうなと今回の買い物でわかりました。

 

 

 

 それでは、どこかの誰かさん。あなたに彩のあるカラフルな日々を。