読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「時間がないのはホントかな?」 ― No Second Lifeセミナーに参加しました

最近何かに取り憑かれたように、立て続けにセミナーに参加しています。

今日は、No Second Lifeセミナーに参加してきました。

f:id:yukimid:20120122171734j:plain

 

No Second Lifeとは立花岳志さんが運営されているブログで、月間PVが約160万という怪物ブログです。

 

見ていただいた方が早いということで、No Second Lifeへのリンクは以下に。

 

No Second Life 

http://www.ttcbn.net/no_second_life/ 

 

私が今日参加してきたのはその立花岳志さんが主催しているセミナーです。

 

今回で3回目の開催、テーマは「楽しく続けるブログ!最初の一歩!」

 

長年ブログを書き続けている立花さんだからこその活きた情報がそこにはありました。

 

いやはや、3時間のセミナーでした。

 

そのすべてを書き記そうとすると、読むのに3時間掛かる膨大な記事になってしまうかもしれません。

 

それだけブログを書くということに対しての情報が詰まっていたのです。 

 

熱く、とても刺激的で、楽しい。

 

ではいま何か一つをここに書こうじゃないかとするならば、「やめること」についてですかね。

 

 

時間もないし、やめてもいない

 

f:id:yukimid:20120122225419j:plain

photo credit: h.koppdelaney via photopin cc

  

「時間がない!」「時間がないから!」「時間があれば!」

 

と騒がれるなかで、よく言われるのが以下の言葉です。

 

何かを成し遂げるには人生はあまりにも短すぎる

何もしないで過ごすには人生はあまりにも長すぎる

 

まず私たちは「寝る」ということをしなければなりません。

 

ご飯も食べなければなりません。

 

会社員の方は通勤しなければなりませんし、働かなければなりません。

 

そうやってパイを分けていくと、自分がしたかったことは「時間がない」故に出来ないということになってしまいます。

 

 

 

でもその24時間というパイは誰しも同じだけあります。

 

それでも何かをしている人もいます、そう、立花さんのように。

 

その人達は確実に、自分よりも多くのことをやめているのです。

 

そうなんです。

 

24時間というパイを切り分けるのですから、何かを始めるにはそこにあった何かをやめなければなりません。

 

多くの人は何かをやめることを考えずに、新しい何かを始めてしまう。

 

そうして始めた経験のある方、パイを切り分けることが出来ましたか?

 

 

 

何かをやめるにあたっては、モノゴトの優先順位を考えなければなりません。

 

自分がしていることのそれぞれについて人生における優先順位を決める。

 

そして新しくやろうとしていることの優先順位とどのような関係にあるのか考える。

 

それはブログも然りで、自分にとってのブログの優先順位を考えなければなりません。

 

「狙っているんだよ100万PVを」という人も「いや、いいんだよ。日記だし」という人も。

 

「続けたい」と思うのであれば、その優先順位に合ったものをやめていかなければなりません。

 

始めるために何かをやめる。

 

言われてみれば当たり前なんですけどね、それが出来ていないのです。

 

1日の中で何もしていない時間など無い(だって寝ることをしていますし、Twitterをみることをしていますし)自分たちだからこそ、限られたパイを切り分けることを自覚しなければなりません。

 

この「やめる」ということが新しい自分を生み出すスタートなのかもしれません。

 

 

それでは、どこかの誰かさん。あなたに彩のあるカラフルな日々を。