読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手帳とノートとそれらの関係

ノート、使っていますか?

私はここ数年、様々なノートや手帳を使っては替え、使っては替えを繰り返していました。

ノートや手帳に対して意識するようになったのが、大学入学時。

最初はたしか、高橋の手帳を使っていたかと記憶しています。

その次はほぼ日手帳。100円ノートが流行ったときはそれを使ってみて。

「7つの習慣」を読んでからはフランクリンプランナーも使用しました。

 

モレスキンMOLESKINEとの関係 

f:id:yukimid:20120101123737j:plain

 モレスキンを使うようになったのは2年前ですかね。

iPhoneを初めて手にしたときで、堀正岳さんの記事をたまたま目にし、そこにはiPhoneとモレスキンの親和性が書かれていました。

「iPhone + モレスキン」が最強のコンビであることについて (Lifehacking.jp)

これはもう買うしかない。でも高い。でも買うしかないら買うのだろう。

そんな葛藤の末、ポケットサイズのルールドを購入しました。

記念すべき最初の1ページには何を書いたかというと、講義の時間割を書いていました。

モレスキン本2の出版記念イベントに参加し、その後、代々木公園で行われたモレ見に参加。

自分とモレスキンの関係を考えるには、あまりに刺激的な時間でした。

そんなこんなで今日に至るまでポケットサイズは5冊、ラージサイズは3冊使用したことになります。

モレスキンが自分のノートライフの中で確固たる地位を築いたのは言うまでもありません。

 

今はどんなノートを使っているのか

f:id:yukimid:20120101124146j:plain

今はどんな手帳・ノートを使っているのかと言うと

(1)モレスキン(ポケット・方眼)

(2)モレスキン(ラージ・方眼)

(3)ほぼ日手帳(オリジナル)

(4)ほぼ日手帳(カズン)

(5)MDノート(A5・方眼)

を使用しています。

持ち歩くのはモレスキン2冊とほぼ日手帳(オリジナル)は持ち歩いています。

最近、東京は中目黒にあるTravellersfactoryに足を運んで、トラベラーズノートにのめり込みそうになりました。

デジタル全盛のこの時代、デジタルツールが使用できない職場で働く自分がいかにして仕事でアナログツールを使っていくか。

タスク管理などとも含めてこれから紹介していこうかと思います。

 

それでは、どこかの誰かさん。あなたに彩りのあるカラフルな日々を。

広告を非表示にする