あなたの人生の主導権

心がざわつくとき

f:id:yukimid:20120101124502j:plain

最近、心の浮き沈みについて考える事があります。

私の周囲でも多くの人が悲しみ、枕を涙で濡らし、Twitterに感情を吐き出しています。

それを見る私も心中穏やかではいられず、ときにモヤモヤとした雲を抱えることもあります。

私はこうした光景を目にするたびに心がざわざわとざわつきます。

コップに溜まった水がいよいよ溢れ出しそうなそんなときに感じる、あのざわざわ感。

ジェットコースターに乗る前のざわざわとした不安。

言いようのない不安定さを感じるとき、人は心のざわめきを覚えます。

状況が不安定で心がざわめく。

どうしよう。何も手につかない。

落ち着くということもないし、何をすれば落ち着くのかもわからない。

状況はどんどん悪くなるし。

ほら見ろ、また私の心をざわめかせるために何かが待ち伏せしている。

あります。誰しも心をざわめかせてしまう。

でもここで考えなければならないことがあります。

 

あなたの人生の主導権

それは「あなたの人生の主導権を握っているのは誰?」ということです。

あなたの人生の手綱は誰が握っているのでしょうか。

あなたの人生の手綱を握る人達の一挙手一投足に、あなたの人生はかかっているのでしょうか。

誰かの好き勝手にコロコロ感情を揺さぶられる、そんな疲れることはやめにしませんか?

もし自分が、自分の身に起きるすべてのことに主体的な反応を選択することが出来たのなら。

誰かからの刺激に対してどのような反応が出来るか、立ち止まって道を選ぶことが出来たら。

人生はその全てにおいて刺激と反応で出来上がっています。

何が起こるか、そしてそれにどう反応するか。

心がざわついたら、一度、このことを考えてみることをオススメします。

 

それでは、どこかの誰かさん。あなたに彩りのあるカラフルな日々を。

広告を非表示にする