未分類

軸足に力を。

瞼を閉じて、深呼吸、鼓動を感じ、リズムを取り戻し、軸足に力を込める。 最近、なぜ自分のタスク管理の諸々が崩壊しているのかと考えます。崩壊と言ってしまうと大層な話に思えてしまいますが、タスクシュートを使っていたあの頃から見ると、没落貴族もび…

7インチタブレットと字書きと「文庫本1ページ分」の表示領域

photo credit: POPOEVER via photopin cc *iPadmini狂想曲 7インチタブレットには思うところありまして。 かつてGalaxyTab(私が公表しない黒歴史)とかIdeaTabletA1(初期不良で高級文鎮)などを人知れず触ってきた私からしたら、先のiPadmini狂想曲には…

今日は何を書こう

photo credit: Peter Hellberg via photopin cc 「今日は何を書こう」とキーボードに指を置いた状態で考えてしまうことがあります。 これ、私にとって”危ない状態”です。危ない状態というのはつまり、「書くことを考える」ことと「書くこと」が直結している…

思考することのわかりづらさ

時に思考というものは目に見える何をも生み出さず、時に頭の中にあるAというものを、”ものすごく複雑な機械”をつかってそこからあそこに移した”だけ”ということも起こります。ここにおいて甚だ疑問であるのは、じゃあどうして自分たちは思考なんぞというも…

「役に立つ」と「役に立たない」

やれやれ。こうして書き始めたはいいものの、何を書いてどう書き終えるのかということを何一つ考えずに、指が勝手に動いているのです。これは危険だ。収集がつかなくなって、1,000文字先で起こるだろうことが3行目にして手に取るようにわかる。 ”役に…

これは凄い!コロコロとボンボンをたった30分で読み切る画期的な10の方法

とかいうタイトルで煽ったりするとまあ、ひんしゅくを買うわけです。なんという背徳感。中身はなにひとつタイトルに書かれた10の方法に言及しないわけですから。特にTwitterなどのSNSではタイトルとリンクでしか判断できないでしょうから、こんなことして…

行き詰まらないための回帰

photo credit: puzzlemepuzzle via photopin cc ほぼ日 カズンを仕事に使っており、なおかつそれのみで仕事を回す必要がある私にとって、ほぼ日 カズンを中心とした仕事の仕組みというものは常に最適化されていなければならないと考えています。 しかし、そ…

モブログが苦手

photo credit: Christopher Chan via photopin cc モブログ……ありますね。辞典を紐解いてみれば「携帯電話などを使って、短い文章やカメラ画像などを頻繁に投稿する」とありますが、この形態は今やSNSに取って代わるっているわけでして、いまでは「携帯やス…

ブログってなによ

ネタという言葉があまりにも広義で、じゃあネタってなんなのよと問うた時にやっぱりネタはネタだよと言ってしまいたくなり、例えば「赤ちゃんはどこからくるの?」と聞かれた時に「赤ちゃんはねー、コウノトリさんが運んでくるんだよー」と苦し紛れに応えて…

平日と休日の境界

photo credit: kugel via photopin cc 休日というものは実に待ち遠しいものです。金曜日の高揚感といったらまさに、沈みゆく太陽に向かって「きゃっほーう!」と叫びながら飛び上がりたいものであります。当の私も毎回叫びたくなるもので、職場のあるビルの…

入魂原稿の消失

photo credit: john_a_ward via photopin cc きっかけというものは実に些細な事であるわけでして、それは往々にして突然死角から飛んできたりするわけです。 【企画】同人活動×ライフハック=同人ハック! #doujinhacks - すみっこの記 豪速球です。 @yunoki…

気づいたら習慣化しているタイプ

半年前に書いた記事をふと読み返してみると、あ、これ習慣化してんじゃんと思うことがあります。 毎日10分間の時間を作り、その時間中は徹底的に集中してあるひとつのことを行う、という趣旨の記事を書きました。半年前のことですし、これを書いた衝動と…

理解と納得は別物

photo credit: Venessa Miemis via photopin cc 「理解と納得は別物だ」と私が通っていた予備校の講師が言っていたことを今でも思い出します。この言葉、当時は「なるほど!」と半ば脊髄反射のように理解していたのですが、いまゆっくりと考えてみると「なる…

作業時間の記録は前を向いて行う

photo credit: Express Monorail via photopin cc 必死に足元ばっかり見ているとどこに進んでいるかわからなくなるものです。 最近一定の時刻になると職場を出ることが出来るようになっています。それは”シゴト”というどこまで行っても掴み所がないものと対…

「ひらくPCバッグ」の”たくさん入る”よりも大事なこと

*一気に拡がる”ひらくPCバッグ” 入社時から私が使っている通勤バッグも2年目に入り、いよいよ買い替えの時期かなと考えていたところに私の脳髄の飢えを満たすかの如く、このバッグが登場しました。 ”ひらくPCバッグ”です。 ひらくPCバッグ - スーパーコン…

リスクの総量は変わらないどころか増えていく

自分が作るチェックリストというものは実に今の自分を映し出す鏡だなあ、と乱雑に記されたチェックマークを眺めたりします。 以下の様な記事を以前に書きました。”シゴト”というものが牙を剥き、精神的にも参っている時期で今読み返しても、腕を組んで分析…

”代替が利かない”に潜む影

photo credit: Shanghai Daddy via photopin cc ”代替の利かない人”と、”代わりがいない人”って何だろう。 慌ただしく職場のフロアを走り回る人々を見て、にべもなく思ったりします。キーボードには指を置いたまま、目だけで追います。 よく”代替の利かない…

考えることを始めることと、やめること

photo credit: 96dpi via photopin cc 毎朝毎朝通勤電車のつり革にぶら下がっては、高速で移動する自分の視点から観る景色に飲み込まれています。そういうときは大抵、ぼうっと車窓を眺めているように見えて頭の中では何かしらについて考えを巡らせていたり…

「僕と契約して、早割入稿してよ!」

photo credit: kurichan+ via photopin cc ”創作はスケジューリングできるのか、できるとしたらどうするのがよいのか”という積年の悩みがあったりします。なんでこんなことを考えているかというと、まあ、同人活動をするとプロの作家でなくても、創作物に対…

怖いなら自分の心に任せない

photo credit: houltmac via photopin cc 「キミの机は本当に紙がないねえ」と言われます。そういう言葉をかけられて自分の机を眺めた後、ふと周囲を見るとなるほど確かに紙がないと思うのです。 写真を撮ってお見せすることが出来ないので、あくまで想像で…

”思い入れ”と”固執”とポケモン

”思い入れ”というのは愛おしく、とても大切にしていきたい感情です。ただそれが万事において最優先されるべき感情かと言われると必ずしもそうではないということがあります。 大人になってみて様々な選択の機会に遭遇し、その度にこの”思い入れ”が判断に影…

”何を読むか”を支える”どう読むか” 読書環境を再考してみる

買った本の多くは自分で裁断をして、スキャナで読み取りデータ化をしています。こうして本のデータ化を行う”本の自炊”をしているわけですが、どうしてこうも本を紙の本という形状のままにしておかないのかというと、自分にとって書を読むということが探求で…

うさぎ好きのサ・ガはバーゲンの誘惑さえも超える − 期間限定出店 miffy style (ミッフィースタイル)

ハンズの話をしようとしているのに、なぜ、画像がミッフィーなのか。 みんな大好き東急ハンズのバーゲン、ハンズメッセの季節です。 今年は2012.08.23-28の7日間開催されます。 ハンズメッセ 今年もやります!大感謝バーゲン - イベント情報 - 東急ハンズ …

「あなたのブログについて聞きたい20の質問」 #blogger20q

ブームには必ず乗り遅れる男、ユキミダーマッ! パーティーに遅れてやってきて、ビュッフェが空っぽだったときのあの感じ。 以下に、回答します。 あなたのブログについて聞きたい20の質問 #blogger20q | 東京ブログ研究会 1.お名前(よければツイッターアカ…

私の兵法 - 立花岳志さんの『ノマドワーカーという生き方 場所を選ばず雇われない働く人の戦略と習慣』を読んで

私が、著者の立花岳志さんを知ったのはいつでしょうか。 私にはそれがわかりません。 『NoSecondLife』( http://www.ttcbn.net/no_second_life/ )をいつ知ったのでしょうか。 それもわかりません。 きっと、何かしらで観たことがあったのでしょう。 iPhone…

ポンパドウルの東京スカイツリータウンバゲットを手に入れた8人の勇者

パンが好きです。 パンが。 好きなんです。 前置きはいりません。 まずはこちらを見ていただきましょう。 うん。 なんだろう、この、生まれるべくして生まれたバゲットは。 うん。 こりゃ、すげえや。 近くで見てもすげえ。 パンじゃないもん、東京スカイツ…

はじめましてのこと

はじめましてのこと みなさん、こんにちは。私は雪見大仏(ゆきみだいぶつ)です。 このブログには「どこかの誰かになんか書く」ことを目的としたゆるふわな文章を書き連ねます(予定)。 どこかの街のどこかで産声をあげた名も知らぬ誰かのために、どこかの場所…